● 仲介手数料とは

一般的な不動産取引では、仲介手数料というものがかかります。
土地や中古戸建て・新築戸建てや中古の分譲マンションなどの不動産の物件を売ったり、買ったりした時にかかる手数料のことです。

 仲介手数料とは宅地建物取引業法に定められている仲介手数料の上限額、物件価格×3%+6万円に消費税(売買金額が400万円を超える場合)と定められており、その上限で仲介手数料を頂くというのが慣例化しています。
この手数料で不動産業者は生計を成り立てています。
 

でも物件価格の3%って高いですよね。
2980万円の物件を購入した場合、2980万円×3%+6万円 で約103万円(税込)の仲介手数料がかかります。

キャンペーンを利用し、仲介手数料が半額だと

金額が大きいだけに、結構メリットがありますよね。
この機会に是非キャンペーンをご利用いただき、何かとお金がかかる、お引っ越し・家電製品や家具などの購入資金におまわしください。

お問い合わせ

特集 - 売買物件検索

一戸建て

  • 動画
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク